Entries

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?⑤

オーバーヘッドに掛かる工数は、それだけではない。

ソフトの振る舞いに関しても、同じ機能に何度も修正リクエストが入ることがある。

これにより、設計、実装、テストを、何度もやることになる。

これも何か勿体無い気もするが、全部完成してしまってから修正が入ることを考えたら、開発中に対応することが、一番影響が少ないことに気付く。

こういった、リスクの対応を前倒し前倒しで進めていくことで、工数が余計にかかっている気持ちになるが、そこを納得できるかがマネジメントのポイントだと思う。

ただし、オーバーヘッドにかける工数には限りが必要。

例えば、保険を考えたときに、保険を描けておいたほうが良いが、それにより毎月の生活や娯楽を圧迫してしまうのでは、もともこもない。

余裕のある範囲で保険はかけるもの。

つまり、どんな規模のプロジェクトにも有効かと言うわけではない。ウォーターフォールでサクッと作ったほうが早い場合もある。

プロジェクトへの適応は、慎重に考えなければならない。

最初のオーバーヘッドを許容できる覚悟が、マネジメントにあるかどうか。



   


MP900422122.jpg




Appendix

プロフィール

こたるSE

Author:こたるSE
趣味はシステム開発です。
仕事と私生活の境目がないのは、良いこと?悪いこと? (^-^;

小さな個人経営の会社さんでのシステム導入なら、出張インストラクター致します~♪

カウンター

スポンサーエリア


Amazonで書籍を買ってITスキルを上げよう!

SEが悩まされる偏頭痛にはコレ↓



NURO光キャッシュバック
キャンペーン中


正しい姿勢でパソコンしよう!


自作時代からお世話になっているドスパラのパソコン!








ブラックな会社ならもっとやりがいのある次のプロジェクトへ!^^






ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
2196位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
231位
アクセスランキングを見る>>

免責事項

当ブログの記事は、作者「こたるSE」の主観によって書かれてます。 個人の経験、そして充分な下調べをして記事を書いておりますが、全ての人に当てはまるというわけではありません。 当ブログの情報を用いて行う一切の行為、被った損害、損失に対して、一切の責任を負いかねます。 当ブログに記載されている情報は、予告なしに内容が変更されることもあります。 当ブログの文章、私が撮影した写真の著作権は作者にあります。 全部一部を問わず、無断使用はできません。
ご了承のほど宜しくお願い致します。

GoogleAdSence



ランキング&検索サイト



検索エンジン Mono Search
検索エンジンLucySearch