Entries

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?⑥

色々な会社の人の話を聞くと、まずアジャイルで苦労するのは、マネジメントへの承認を得ること。スプリントを行いながら、どこまで作れるかはコミット出来ない。これでは予算を執行する部門のマネージャーは、プロジェクト開始の判断をするのは難しい。お金を出す方の気持ちになれば、この気持ちはわかる。何が完成するかわからないのに、お金は出せません。ちなみにシステムを作るということは、何か目的があるはず。そこで、やっ...

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?⑤

オーバーヘッドに掛かる工数は、それだけではない。ソフトの振る舞いに関しても、同じ機能に何度も修正リクエストが入ることがある。これにより、設計、実装、テストを、何度もやることになる。これも何か勿体無い気もするが、全部完成してしまってから修正が入ることを考えたら、開発中に対応することが、一番影響が少ないことに気付く。こういった、リスクの対応を前倒し前倒しで進めていくことで、工数が余計にかかっている気持...

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?④

アジャイル開発は、確実にオーバーヘッドが掛かる。これをマネジメントは了承できるかどうか。例えば、計画化作業。週の始めのスプリントプランニングでは、メンバー全員の工数を確保する必要がある。リーダ中心の活動であれば、それぞれのメンバーが自分のタスクだけを把握していれば良いが、全員で計画作ることで周りの人のタスクも把握できる。手分けして進めたり、コミュニケーション不足で手戻りすることがなくなるという。昔...

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?③

スクラム開発では、SEメンバーのタスクはバックログに登録されて、確実に毎回のスプリントで推進されることになる。一回のスプリントは2週間単位で、従来の長いダラダラした(失礼!!)ウォーターフォールに比べると、タイトな仕事のリズムを要求される。これはSEメンバーには、かなりキツイようだ。例えば、風邪で2日休んだ場合、スプリント内でキャッチアップできるかどうかが求められる。プレッシャーを感じることも多い。この...

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?②

アジャイルはスプリントと呼ぶ単位に分けて、設計と実装を繰り返す。品質にうるさい第三者試験を司る部署の意見もあり、『品質の担保』の考え方を認識合わせするのに苦戦させられた...。結果的には、スプリント内では単一の結合試験までとした。複数パッケージを組み合わせた結合試験やシステム試験は、15回のスプリント後に行うというプランとした。つまり、アジャイルとウォーターフォールのハイブリッドである。この考え方は...

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?①

とうとう社内でもアジャイル開発の取り組みが始まった。中でも、コミュニケーションに重きをおいたスクラム開発を選択した。スクラム開発には、PMは存在しない。指示系統は存在せず、あくまでチーム主導の進め方。ただし、2つのリーダー的な役柄がある。プロダクトオーナー(PO)とスクラムマスター(SM)のみ。それぞれの役割はこんな感じ。POは、成果物の方向性を決める人。指示はしない。サッカーでいうとゲームメーカーであり、特...

仕事用パソコンはThinkPadが良い。

会社のパソコンがThimkPadのX240になった。この数年、仕事用に貸与されるパソコンのメーカーが多岐にわたっており、変わるたびに使い勝手が変わってしまって超大変。ただ、逆に言うと各社のパソコン評価を楽しめるか(笑)。1つ前は、DellのパソコンLatitude E6220。これはバッテリーが重く、ロックが貧弱なため、ちょっとぶつけると、バッテリーがスポッと外れた。ノートパソコンでバッテリーが突然外れるのは致命的。スリープ状態...

Appendix

プロフィール

こたるSE

Author:こたるSE
趣味はシステム開発です。
仕事と私生活の境目がないのは、良いこと?悪いこと? (^-^;

小さな個人経営の会社さんでのシステム導入なら、出張インストラクター致します~♪

カウンター

スポンサーエリア


Amazonで書籍を買ってITスキルを上げよう!

SEが悩まされる偏頭痛にはコレ↓



NURO光キャッシュバック
キャンペーン中


正しい姿勢でパソコンしよう!


自作時代からお世話になっているドスパラのパソコン!




ブラックな会社ならもっとやりがいのある次のプロジェクトへ!^^






ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
2871位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
294位
アクセスランキングを見る>>

免責事項

当ブログの記事は、作者「こたるSE」の主観によって書かれてます。 個人の経験、そして充分な下調べをして記事を書いておりますが、全ての人に当てはまるというわけではありません。 当ブログの情報を用いて行う一切の行為、被った損害、損失に対して、一切の責任を負いかねます。 当ブログに記載されている情報は、予告なしに内容が変更されることもあります。 当ブログの文章、私が撮影した写真の著作権は作者にあります。 全部一部を問わず、無断使用はできません。
ご了承のほど宜しくお願い致します。

GoogleAdSence



ランキング&検索サイト



検索エンジン Mono Search
検索エンジンLucySearch