システムエンジニアの宴

Latest Entries

ブログサイト引っ越しのお知らせ

こんにちは。

誠に勝手ながら、9月をもって新しいサイトに引っ越しすることにしました。
URLは変わりますが、内容も充実させていきますので、引き続き今後とも宜しくお願い致します。

旧サイト名: システムエンジニアの宴
新しいサイト名: システムエンジニアの宴!
新しいURL: http://robotics-engineers-club.com/






⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

【合格体験記①】プロジェクトマネージャ

『プロジェクトマネージャ合格体験記』...

プロジェクトマネージャ試験に、ようやく受かった。
初めて受けたのは、10年くらい前であっさり落ちた。
まだまだ、実務のプロマネ経験もあまりなかったため、論文のハードルが高くてそれっきりあきらめていた。

あれから、いくつものプロジェクトを担当し、プロマネとしても、技術者としても成長したと思う。

アーキテクトの試験で論文のコツをつかんだのと、経験も十分あるという自信から、何とか合格にたどり着いた。

プロマネの資格は、ずっと欲しかったので、とても嬉しかった。

社会人になり、最初のプロジェクトがデスマーチになった。当時は、残業無制限の時代だったため、100~150時間くらいの残業をしていた。ゴールデンウィークのある5月は、最大で200時間の残業をして、年間で1600時間の残業をしたらしい。

若くて仕事に燃えていたこともあり、体調は崩さなかった。ただ、結局、システムが完成せずに、基本設計完了でプロジェクト中断となった時に、燃え付き症候群のように、途方にくれた。頑張ったのに、形にならなかったため。

プロジェクト中断となって、冷静になり、何であんなプロジェクトになってしまったのか、先輩たちに聞いてみた。

皆、プロマネが下手くそだからだ、という返答だった。

それから、プロジェクトマネージャという職種に興味をもった。本屋で本を探しても、プロマネについて書かれた本は、ほぼなかった。
新宿の紀伊国屋書店でも、3冊しかなかった。今ではコーナーになるくらいだが。

そんな中でも、やはりプロマネについて学びたいので、プロジェクトマネジメント学会に個人で入会した。

学会で、色んな人の発表を聞いて、知識を付けていった。また、当時プロマネの知識体型をまとめたPMBOKを熟読した。


そんな感じで、プロジェクトマネジメントについての知識と経験を付けてきた経緯があるので、プロジェクトマネジメントについては、誰にも負けないという自負がある。
(プロジェクトを失敗させない自信はあるが、誰よりもうまく回せるとは思ってない。)

自信があるので、それを国家試験という形で、認めてもらいたかった。
ようやくこの資格を取得できて、本当に嬉しかった。

頑張って取得しよう♪


⇒【合格体験記②】プロジェクトマネージャに合格する勉強方法

P4200003.jpg





⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

平成29年度秋期試験の申し込み開始!

平成29年度秋期試験の申し込み開始!

忘れずに、早く申し込まないとね!

https://www.jitec.ipa.go.jp/1_02annai/h29aki_exam.html

試験実施日:平成29年10月15日(日)
受験手数料:5,700円
試験区分:
情報セキュリティマネジメント試験 (SG)
基本情報技術者試験 (FE)
応用情報技術者試験 (AP)
ITストラテジスト試験 (ST)
システムアーキテクト試験 (SA)
ネットワークスペシャリスト試験 (NW)
ITサービスマネージャ試験 (SM)
情報処理安全確保支援士試験 (SC)


私の勉強方法はこんな感じ。 《過去の記事》
⇒【合格体験記①】 データベーススペシャリスト
⇒【合格体験記②】 データベーススペシャリストに合格する勉強方法
⇒【合格体験記③】 データベーススペシャリスト 参考書・問題集の選び方

⇒【合格体験記①】 ネットワークスペシャリスト
⇒【合格体験記②】 ネットワークスペシャリストに合格する勉強方法
→【合格体験記③】 ネットワークスペシャリスト 参考書・問題集の選び方

⇒【合格体験記①】 プロジェクトマネージャ
⇒【合格体験記②】 プロジェクトマネージャに合格する勉強方法

さあ、勉強頑張りますか!
197.jpg





⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

平成29年度春期試験 合格発表!

情報処理試験は、IPAのホームページで合格発表が出てる。


合格者番号一覧
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_05goukaku/goukaku.html

成績照会
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_05goukaku/seiseki_s.html


今回、プロジェクトマネージャを合格!! ^^

次回は、ITストラテジストを頑張ろう♪。

209e.jpg


私の勉強方法はこんな感じ。 《過去の記事》
⇒【合格体験記①】 データベーススペシャリスト
⇒【合格体験記②】 データベーススペシャリストに合格する勉強方法
⇒【合格体験記③】 データベーススペシャリスト 参考書・問題集の選び方

⇒【合格体験記①】 ネットワークスペシャリスト
⇒【合格体験記②】 ネットワークスペシャリストに合格する勉強方法
→【合格体験記③】 ネットワークスペシャリスト 参考書・問題集の選び方

⇒【合格体験記①】 プロジェクトマネージャ
⇒【合格体験記②】 プロジェクトマネージャに合格する勉強方法





⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?⑥


色々な会社の人の話を聞くと、まずアジャイルで苦労するのは、マネジメントへの承認を得ること。

スプリントを行いながら、どこまで作れるかはコミット出来ない。

これでは予算を執行する部門のマネージャーは、プロジェクト開始の判断をするのは難しい。

お金を出す方の気持ちになれば、この気持ちはわかる。

何が完成するかわからないのに、お金は出せません。



ちなみにシステムを作るということは、何か目的があるはず。

そこで、やっぱりだいたいの開発計画を作るはめになる。

この粒度がとても大事。


作る機能、というよりは、実現したい付加価値といった書き方をして定義したほうが良い。

アジャイルしている間に、作るべき機能は形を変えていく可能性がある。

例えば、タイムカードのシステムだとしたら、「出勤・退勤時間の入力機能」という書き方ではなく、
ソフトが出来上がったときに得られる目標の価値として「出退勤を管理できること」といった書き方。

そういった工夫がとても大事。



ちょっと事例が分かりにくいかな。(笑)

BiPh044e.jpg




⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

情報処理試験 プロジェクトマネージャ自己採点

各社、回答速報が出たので自己採点してみた。

午前2は、22問正解⇒88/100点で合格ライン突破。

午後1も、65/100点で合格ライン突破。

あとは、午後2の論文だけだ!

前回、論文判定Bで落ちたからなぁー。^^




毎度ながらの、情報処理技術者試験 解答速報リンク集。

■情報処理推進機構
基本的に午前問題の回答はすぐに出るが、午後問題の回答は1~2か月かかる。
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2017h29.html#29haru

■資格の学校TAC(タック株式会社)
私はここの回答を参考にしている。なぜかというと配点例があるので自己採点しやすいからである。
http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/joho.html

■iTEC(株式会社アイテック)
採点サービスも行っている。
http://www.itec.co.jp/auto_mark/index.html


PM_DSC_1488-01.jpg








⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

情報処理試験 回答速報

今回は、かなり手応えがあった気がする!。^^

すでに午前2は合格ライン突破! 今までにない3問ミスという高得点!


毎度ながらの、情報処理技術者試験 解答速報リンク集。

■情報処理推進機構
基本的に午前問題の回答はすぐに出るが、午後問題の回答は1~2か月かかる。
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2017h29.html#29haru

■資格の学校TAC(タック株式会社)
私はここの回答を参考にしている。なぜかというと配点例があるので自己採点しやすいからである。
http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/joho.html

■iTEC(株式会社アイテック)
採点サービスも行っている。
http://www.itec.co.jp/auto_mark/index.html

午前問題まではすでに解答が出ているので、自己採点してみよう!


MP900433737.jpg



⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

プロジェクトマネージャ試験の参考書・問題集

プロジェクトマネージャー試験に向けての参考書と問題集。

前回買ったもので勉強中ー。コスト低減ー。^^

PM_DSC_1488-01.jpg


教科書は、TACの「合格テキスト」。




問題集は、過去問がダウンロードできる、ICTワークショップ社の
「情報処理技術者試験学習書 (情報処理教科書)」
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版 [ ITのプロ46 ]
価格:3110円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)




もう一冊買った。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

プロジェクトマネージャ(2017) [ 庄司敏浩 ]
価格:3996円(税込、送料無料) (2017/4/1時点)




本屋では種類も少ないのでネットで購入。AMAZONのほうが安いかな?
  






⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

手にしっくりくるマウスの選び方②

これは右利き専用で、とても握りやすい。

持ち運ぶために、小さなマウスを選択する人もいるが、手にフィットしているものが良いかと思う。

特にプログラマーやデザイナーなど、デスクトップで素早い操作を求めるなら絶対的にオススメ。

これは、少し手が大きい人にもしっくり来ると思うので、試して欲しい。


ちなみに、左右対称版も活用中。一回り小さい。




会議で持ち運ぶ事が多い人は、こちらのマウスがオススメ。

平べったい形状になるので、ポケットにも入れやすい。












⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

手にしっくりくるマウスの選び方①

マイクロソフトのマウスがくたびれてきたので、新しいマウスを選んでみよう。

持ち運べるように、「モバイルマウス」といった呼び方で、小さめのマウスがあるが、デスクで使う分には、大きめの手にしっくりくるのが良いと思う。

今まで使っていたマウスは、マイクロソフト製だったが、マイクロソフトは右手・左手どちらでも使えるデザインになってしまい、イマイチしっくりこない。

そこで、ロジクールを選んでみた。











⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

プロジェクトマネージャ試験を申し込んだ!

春の試験は、プロジェクトマネージャー試験に申し込んだ。

前回のリベンジ。 しっかり勉強するぞ、と。

まずは、いつもの教科書と問題集を購入。


教科書は、TACの「合格テキスト」。




問題集は、過去問がダウンロードできる、ICTワークショップ社の
「情報処理技術者試験学習書 (情報処理教科書)」
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

情報処理教科書 プロジェクトマネージャ 2017年版 [ ITのプロ46 ]
価格:3110円(税込、送料無料) (2017/2/13時点)





本屋では種類も少ないのでネットで購入。AMAZONのほうが安いかな?
  






⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

平成29年度春期試験の申し込み開始!

平成29年度春期試験の申し込み開始!

忘れずに、早く申し込まないとね!

http://www.jitec.ipa.go.jp/1_02annai/h29haru_exam.html

試験実施日:平成29年4月16日(日)
受験手数料:5,700円
試験区分:
情報セキュリティマネジメント試験 (SG)
基本情報技術者試験 (FE)
応用情報技術者試験 (AP)
プロジェクトマネージャ試験 (PM)
データベーススペシャリスト試験 (DB)
エンベデッドシステムスペシャリスト試験 (ES)
システム監査技術者試験 (AU)
情報処理安全確保支援士試験 (SC)

さあ、勉強頑張りますか!

私の勉強方法はこんな感じ。 《過去の記事》
⇒【合格体験記①】データベーススペシャリスト
⇒【合格体験記②】データベーススペシャリストに合格する勉強方法
⇒【合格体験記③】データベーススペシャリスト 参考書・問題集の選び方

⇒【合格体験記】ネットワークスペシャリストに合格する勉強方法
→★ネットワークスペシャリスト 参考書・問題集の選び方

197.jpg





⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?⑤

オーバーヘッドに掛かる工数は、それだけではない。

ソフトの振る舞いに関しても、同じ機能に何度も修正リクエストが入ることがある。

これにより、設計、実装、テストを、何度もやることになる。

これも何か勿体無い気もするが、全部完成してしまってから修正が入ることを考えたら、開発中に対応することが、一番影響が少ないことに気付く。

こういった、リスクの対応を前倒し前倒しで進めていくことで、工数が余計にかかっている気持ちになるが、そこを納得できるかがマネジメントのポイントだと思う。

ただし、オーバーヘッドにかける工数には限りが必要。

例えば、保険を考えたときに、保険を描けておいたほうが良いが、それにより毎月の生活や娯楽を圧迫してしまうのでは、もともこもない。

余裕のある範囲で保険はかけるもの。

つまり、どんな規模のプロジェクトにも有効かと言うわけではない。ウォーターフォールでサクッと作ったほうが早い場合もある。

プロジェクトへの適応は、慎重に考えなければならない。

最初のオーバーヘッドを許容できる覚悟が、マネジメントにあるかどうか。



   


MP900422122.jpg





⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

平成28年度秋期試験 合格発表!

秋の情報処理試験は、IPAのホームページで合格発表が出てる。


合格者番号一覧
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_05goukaku/goukaku.html

成績照会
http://www.jitec.ipa.go.jp/1_05goukaku/seiseki_s.html


今回は、落ちてしまった。 自信があったのにおかしいな、、、。

次回、また頑張ろう♪。

209e.jpg


私の勉強方法はこんな感じ。 《過去の記事》
⇒【合格体験記①】データベーススペシャリスト
⇒【合格体験記②】データベーススペシャリストに合格する勉強方法
⇒【合格体験記③】データベーススペシャリスト 参考書・問題集の選び方

⇒【合格体験記】ネットワークスペシャリストに合格する勉強方法
→★ネットワークスペシャリスト 参考書・問題集の選び方




⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?④

アジャイル開発は、確実にオーバーヘッドが掛かる。
これをマネジメントは了承できるかどうか。

例えば、計画化作業。

週の始めのスプリントプランニングでは、メンバー全員の工数を確保する必要がある。

リーダ中心の活動であれば、それぞれのメンバーが自分のタスクだけを把握していれば良いが、全員で計画作ることで周りの人のタスクも把握できる。手分けして進めたり、コミュニケーション不足で手戻りすることがなくなるという。

昔ながらのやり方になれていると、何て無駄な、と感じるのではないか。

しかし、これによりメンバーがゴールに達するための道筋も理解されるようになり、スムーズにプロジェクト推進がなされる。

つまり、結果的に工数削減になる。なるはず、である…。

最初のオーバーヘッドを許容できる覚悟が、マネジメントにあるかどうか。



   


MP900422122.jpg










⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

情報処理試験 ITストラテジスト自己採点

各社、回答速報が出たので自己採点してみた。

午前2は、21問正解⇒84/100点で合格ライン突破。

午後1も、75/100点で合格ライン突破。

あとは、午後2の論文だけだ!


■情報処理推進機構
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2016h28.html

■資格の学校TAC(タック株式会社)
http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/joho.html


209e.jpg



⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

情報処理試験 回答速報

今回は、予想よりも手応えがあった。
採点するのが楽しみ。

すでに午前2は合格ライン突破!


毎度ながらの、情報処理技術者試験 解答速報リンク集。

■情報処理推進機構
基本的に午前問題の回答はすぐに出るが、午後問題の回答は1~2か月かかる。
https://www.jitec.ipa.go.jp/1_04hanni_sukiru/mondai_kaitou_2016h28.html

■資格の学校TAC(タック株式会社)
私はここの回答を参考にしている。なぜかというと配点例があるので自己採点しやすいからである。
http://www.tac-school.co.jp/sokuhou/joho.html

■iTEC(株式会社アイテック)
採点サービスも行っている。
http://www.itec.co.jp/auto_mark/index.html

午前問題まではすでに解答が出ているので、自己採点してみよう!


MP900433737.jpg



⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?③

スクラム開発では、SEメンバーのタスクはバックログに登録されて、確実に毎回のスプリントで推進されることになる。

一回のスプリントは2週間単位で、従来の長いダラダラした(失礼!!)ウォーターフォールに比べると、タイトな仕事のリズムを要求される。

これはSEメンバーには、かなりキツイようだ。

例えば、風邪で2日休んだ場合、スプリント内でキャッチアップできるかどうかが求められる。プレッシャーを感じることも多い。



このような雰囲気の中、SEメンバーは、やはり設計&実装に注力してしまうので、上位への報告や、他社との調整などのタスクは漏れがちになる。

バックログに載せられないような開発以外の間接的なタスクをどう管理するかは、考えておかないといけない。

それでも、スプリントもいくつか達成させていくと、仕事のリズムが整ってくるので、チーム内は活性化し、とても楽しく仕事が進んでいるように見える。


   


MP900422122.jpg







⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?②

アジャイルはスプリントと呼ぶ単位に分けて、設計と実装を繰り返す。

品質にうるさい第三者試験を司る部署の意見もあり、『品質の担保』の考え方を認識合わせするのに苦戦させられた...。

結果的には、スプリント内では単一の結合試験までとした。
複数パッケージを組み合わせた結合試験やシステム試験は、15回のスプリント後に行うというプランとした。

つまり、アジャイルとウォーターフォールのハイブリッドである。

この考え方は、良く有るようで、多くのサイト、ブログでも見受けられる。

ベンチャー的な新サービスのシステムではなく、ミッションクリティカルなシステムの構築に適用する場合は、こういったハイブリッドの方式を取ったほうが良い。

安心を買うための、ある程度のコストは許容されるはずで、ちょっとコストがかかったとしても、落としどころとして良い提案となる。

それを、”アジャイル的ではない”ということで、社内で喧嘩するよりは、ハイブリッド方式で早く始めたほうがお互い幸せ。^^

   


MP900422122.jpg



⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

アジャイル開発・スクラム開発はどこが素晴らしいか?①

とうとう社内でもアジャイル開発の取り組みが始まった。
中でも、コミュニケーションに重きをおいたスクラム開発を選択した。

スクラム開発には、PMは存在しない。
指示系統は存在せず、あくまでチーム主導の進め方。

ただし、2つのリーダー的な役柄がある。プロダクトオーナー(PO)とスクラムマスター(SM)のみ。

それぞれの役割はこんな感じ。

POは、成果物の方向性を決める人。指示はしない。
サッカーでいうとゲームメーカーであり、特別な権限はない。

SMは、チームの障害を取り除く人。
うまく行くように調整する。課題管理を担当者という感じ。

あとのメンバーは、チームを大事にして進めていく。

   


MP900422122.jpg





⇒システムエンジニアのキャリアプランまとめ サイトもオープンしました。(^^)/  

 

Appendix

プロフィール

こたるSE

Author:こたるSE
趣味はシステム開発です。
仕事と私生活の境目がないのは、良いこと?悪いこと? (^-^;

小さな個人経営の会社さんでのシステム導入なら、出張インストラクター致します~♪

カウンター

スポンサーエリア


Amazonで書籍を買ってITスキルを上げよう!

SEが悩まされる偏頭痛にはコレ↓



NURO光キャッシュバック
キャンペーン中


正しい姿勢でパソコンしよう!


自作時代からお世話になっているドスパラのパソコン!




ブラックな会社ならもっとやりがいのある次のプロジェクトへ!^^






ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
コンピュータ
1767位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
ソフトウェア
205位
アクセスランキングを見る>>

免責事項

当ブログの記事は、作者「こたるSE」の主観によって書かれてます。 個人の経験、そして充分な下調べをして記事を書いておりますが、全ての人に当てはまるというわけではありません。 当ブログの情報を用いて行う一切の行為、被った損害、損失に対して、一切の責任を負いかねます。 当ブログに記載されている情報は、予告なしに内容が変更されることもあります。 当ブログの文章、私が撮影した写真の著作権は作者にあります。 全部一部を問わず、無断使用はできません。
ご了承のほど宜しくお願い致します。

GoogleAdSence



ランキング&検索サイト



検索エンジン Mono Search
検索エンジンLucySearch